古武術研究家 甲野さんの術をお手本に武術の動きを研究しています。稽古会開催中。
2018年12月27日 (木) | 編集 |

個性を活かし、自己の能力を存分に発揮して、イキイキと生きる。そんな生き方は、とても美しいと自己啓発本や研修などで聴く。

でも、それらの能力は、厳しい社会で生き抜く能力として後天的に備えたもの。時に人生を振り返って、生きる意味を自問自答した時、生まれつきの素直な自分と随分掛け離れた今に憂いを感じる。

生まれつきのかたちで生きる事は無理だが、どこまで歪められたかは、古の武術でよく分かる。古の人々の動きは、現代人の動きに比べ、その質がまるで違うから。

生まれつきのかたちは、独特の練習法で覚醒する事が出来る。先づは、左右真横からギュッと押され窮屈なカラダにして、そこから生まれる潜んだ動きこそが、失われた動き。