古武術研究家 甲野さんの術をお手本に武術の動きを研究しています。稽古会開催中。
2018年12月22日 (土) | 編集 |

自然と都会を見てどちらが落ち着くだろうか。虫も飛ばず枯葉も落ちない、清掃の行き届いた真っ平らなコンクリート造りを好む人が多いでしょう。

でも、こんな世界は自分の意識だけを投影しているに過ぎない。だから、口伝や感覚は都会のどこにも見当たらない。

そして、無意識からの渇望に対応していないからストレスが溜まる。
      
で、古の武術では、幼い頃から築き上げられた意識偏重の頭の使い方を一旦リセットして、無意識とともに自我の有り様をコントロールする。

自然と暮らした古と異なり、意識偏重の社会では、こんな術の説明では理解不能、興味の対象にもならない。