古武術研究家 甲野さんの術をお手本に武術の動きを研究しています。稽古会開催中。
2018年11月13日 (火) | 編集 |

素のままで生きれば、人とぶつかり合う。いつの間にか、ぶつかりを恐れて、対立を避けながら生きている。難しいぶつかり合いは、避けてしまう。

でも、どこかで挑まないと、何も生まれてこないと思う。

古の武術では、相手に挑む事で術が冴えてくる。

表面上は、正面からぶつから無いような振りをしたり、流すように動いているが、芯は密かに相手を通している。

対立を逆に活かしながら、術を磨くのが上達の秘けつ。