古武術研究家 甲野さんの術を研究しています。稽古会開催中。
2018年09月23日 (日) | 編集 |

ふとガラス越しに映る自分の姿を見つけることがあるが、貧相で窮屈。

ありのままの自分は、あまりにも弱く、同じ繰り返しの思考パターンに落ち込む。

こんな姿を直視するのは、避けて通りたいのだが。

古の武術では、自分の身体をありのままに見つめる事が重要。余分な力みや滞りを消すのだが、先づは、己の弱さを知る事。

これに気が付くと、術が極めて大きな力を発し始める。