古武術研究家 甲野さんの術を研究しています。稽古会開催中。
2018年09月18日 (火) | 編集 |

仕事でいつも着ているスーツ。いつも決まった出来合いの吊るし物で、色も紺かグレーでそう高く無いものを着る。

こんな没個性の出で立ちで仕事をすれば、創造的な仕事が出来る訳が無いと思うが、私のサラリーマン姿はこんな感じ。

一方、海外資本の企業の自由な服装の奨励や、高級スーツを着るのは、隷属的な根性から抜け出して、新しく創造的な仕事を促しているからでしょう。

で、武道やスポーツも、出来合いの練習で良いのか考えてしまう。

例えば、皆が一斉に同じ動きで体操では、どこか出来合いのものを易々と認めて隷属しているように見える。

新しい動きをたくましく創造していくところに、古の武術の面白さがある。