古武術研究家 甲野さんの術を研究しています。稽古会開催中。
2018年09月13日 (木) | 編集 |

美味しいと箸がひとりでに進む、本も面白いと一気に読むなど、何事もひとりでにどんどん進んでしまった方が、良い場合が多い。

これは、慣れた感覚で進むものとは、根本的に違うと思う。

武術も、繰り返しの練習で得た感覚よりも、どこか無意識にひとりでに進む方が良い。

例えば、相手に入身する場合、相手に成り切って、自分が受けを取るような感じにすると、ひとりでに深く入り込む事が出来る。