古武術研究家 甲野さんの術を研究しています。稽古会開催中。
2018年07月24日 (火) | 編集 |

姿形が良いもの、見栄えがするものに心惹かれる。イメージが膨らみ、どこか謎めいた魅力を放つ。近づいたり、触れてみたくなる。

でも、こんな経験を繰り返して行くと、外観的な美しさは、時代の流行に影響され、時とともに衰える事に気が付く。

一体どこをイメージして美しいと感じるのか?
表皮からしかイメージをつかんでいないのでしょう。そのままの美しさ、本質を感じ取りたい。

で、武術の最新術理はこれを利用する。

相手をそのままの姿で認知する事なく、少し歳をとった姿を内観するなど、その本質を見ようとすると、こちらの動きにズレが生じて、難なく崩す事が出来る。