古武術研究家 甲野さんの術を研究しています。稽古会も開催中。
2017年04月22日 (土) | 編集 |

スピードスケートの小平選手が、昨年から、一本歯の下駄を練習に使っている。

購入されたのは、通常の一本歯と、もう一つは足半(あしなか)調で、つま先だけの下駄。足指が鍛えられると思う。

一本歯の下駄は、どこか虜にする魅力があって、静かなブームが続いている。

これを履くと、腰痛が瞬時に消える。見た目よりは扱い易いが、同じ場所に留まることが難しい。絶えず動いて、バランスを取り続ける事になる。

武術への効用は、バランス感覚が優れると言われるが、筆者はよくわからない。体幹の筋肉を鍛える気は毛頭無い。

でも、一本歯を履くと身体が軽くなる感じがあるので、何とか履かなくても同じ効果が出ないものかズッと考えていた。

最近、気付いたことは、足の薬指だけをギュッと曲げると、一本歯の感じに近くなる。土踏まずに力の中心が移り、力が真っ直ぐに通り、姿勢が良くなる。

要は、散らばっていた重心がまとまり易くなり、身体の厚みが薄っぺらになる。二次元化すると呼んでいるが、動きが軽やかになる。

さらに、薬指を伸ばすと、重心が一点に集中する。これを一元化すると呼んでいる。身体が一元化されるから、躱しやすい。