古武術研究家 甲野さんの術を研究しています。稽古会開催中。
2017年04月18日 (火) | 編集 |

「足を踏ん張って…」とは、武道やスポーツの常識。踏ん張らなければ、力が出ない。

この力とは筋肉的な動きであり、筋トレの効果が期待できる。

でも、忍者の身軽な動きを想像すれば分かるように、全然地面に足が張り付いていない。ピョンピョンと跳ねたような動きである。

体術が中心の武道ではあまり効果が見え難いが、抜刀術では、どうしても足が浮いていないと、太刀が抜けないから、効果が顕著に現れる。

浮くとは、足が上方へすぐに上がる状態で、体重を全部載せずに、身体全体で体重を分割しているような感じ。

膝抜きが一般的で容易いやり方だが、これでは膝を緩めると、同時に体幹までも下がってしまう。身体がブレやすい。

で、膝を抜くと同時に、胸から上部を上方へ飛ばす。とくに指の先まで飛んでいく感じが重要。すると、上下が拮抗してブレない浮きが出来上がる。

単純モデルで説明しているが、実際には、股関節、大腿骨、胸骨、肩甲骨などを意識して行うと、より多くの浮きが完成する。

この辺りがだんだん分かってくると、相手が崩そうとしてもビクともしない受けが完成する。やり方は、胸より上部は変わらず上方へ向かうのだが、足裏を浮かした感覚を丹田に移動させる。替わりに丹田あたりの重みを足裏に移動させる。

この足裏の浮きを移動させる感覚は、とても微妙で、足裏に重みは掛かっているのだが、上半身の上部への引っ張りと上手く釣り合う感じがある。

当に鳥になって、今にも飛び立とうとする、そんな感じの動きとなるでしょう。。