古武術研究家 甲野さんの術をお手本に武術の動きを研究しています。稽古会開催中。
2019年08月31日 (土) | 編集 |

思い掛けず変な事を言ってしまった、あの時はどうしてそう考えたのか、自分でも予期せぬ行動をする事がある。まるで、もう一人の自分がいるかのように。

これは、潜在意識の表出とか言われるようだが、今術に応用しているのは、無意識に住む他人の事。状況に応じて、異なる他人の加勢を受ける。

人に限らず、進化の過程のあらゆる動物が、無意識に同居しているように思う。それは、人の受精卵が成長していく過程で様々な動物の特徴を示すから。きっと、遺伝子レベルで記憶されているのでしょう。

例えば、雨の日に傘を差さなくても気にならず、返って嬉しいような無意識レベルを探る。最終的には、無意識の多層帯にアクセスして、古の達人の「天狗がついた」という境地に達したい。

そこでは多くの動きが極められるでしょう。