古武術研究家 甲野さんの術をお手本に武術の動きを研究しています。稽古会開催中。
2019年08月23日 (金) | 編集 |

いくら話しても伝わらない。正論を持ち出せば、余計に感情に走る。言葉でだめなら、実力行使と身体で強引に押し切る、それが今の世の流れ。

でも、古では、言葉よりも身体が先にあって、それを補完する形で言葉があった、そう言う気がする。職人技などは、当に見て覚えるものだった。

で、古の武術も同じだったと思うが、現代では、両方使っても、流派の壁があるのか問答無用状態。

動画は、脱力したエネルギーを間のエネルギーとして使うもの。エネルギーを得るには、一番てっとり早いのだが、こう言う不可思議な言葉の表現は、身体で実証しても門前払い状態。

動画は、脱力のエネルギーでアタック 。