古武術研究家 甲野さんの術をお手本に武術の動きを研究しています。稽古会開催中。
2019年07月13日 (土) | 編集 |

誰もが癒されるであろう赤ちゃんのほっぺ。丸くてプニュプニュした感じ。実際には乾燥しているようだが、いかにも細胞分裂が盛んで生命力に溢れている。

当にその微笑みは、無敵。

これを古の武術に応用すると、大きな力が出る。やり方は、丸いほっぺを想像して外へ押し出す感じにすると、手指が連動して大きな力が外に向かって出る。

反対に、ほっぺを中にすぼめる感じにすると、手指が反応して、引き込む力が増す。この場合、通常の筋肉的な動きとは力の質が違うようで、相手は抑えきれない。

身体の構造は本当に不思議で、ほっぺと指が連動している。

動画は、赤ちゃんほっぺの術で合気上げ。