古武術研究家 甲野さんの術をお手本に武術の動きを研究しています。稽古会開催中。
2019年07月03日 (水) | 編集 |


ちょっと泥臭いような湿った臭いが漂う、そんな時は間もなく雨が降り出す。


これがコンクリートの壁とエアコンの効いたオフィスで過ごしていると、外部と完璧に遮断されているから、窓越しに雨が降っているのを見てびっくりする。


予兆を感じないと、人はビックリする。自然の予兆は匂いなどで把握できるが、人の動きの予兆は何で感じるのか?それは相手の自己愛を見透かすからではないかと考えている。


で、古の武術では、自己愛つまりエゴを切り離すことで動きの予兆を消す。瞑想などで養い、唯識の境地に一瞬だけなるようにする。


ただ、この方法が正しいとか、人に押し付けてはそもそもそれが自己愛。こんな手法が自分には合っていると思うだけ。


動画は「徹底した脱力で崩す〜相手の空気を掴む 」で、先回の術のように相手の呼吸がつかめない時は、相手を囲む空気を掴んで崩す。