古武術研究家 甲野さんの術をお手本に武術の動きを研究しています。稽古会開催中。
2019年06月18日 (火) | 編集 |

仕事をしていると、どこからともなくカリカリと音がする。誰か、お菓子をつまんでいる。小腹が空いたのか、どんな時でも、スナック菓子を食べられるのは、飽食の現れ。

人の歴史は、過去を遡れば、農耕以前は狩猟に始まる。食事をしてから働くのではなく、空腹だから狩をする。その野生の本能で優れた身体能力を発揮した事でしょう。

で、古の武術も、空腹感を内観して、狩猟の時代からさらにさらに遡り、深海にたどり着く。

ちょうどスポンジボブのようなアニメの世界で、スポンジのように身体を使う。スポンジだから、アタックはソフトで、相手の力も真正面から吸い込んでいくことが出来る。

アニメのような作り話しの世界ではなく、身体の遺伝子が反応しているかのように、身体は隈なく生き返り、力をアウトプットする。

動画は、スポンジの世界に入る導入部分。