古武術研究家 甲野さんの術をお手本に武術の動きを研究しています。稽古会開催中。
2019年06月10日 (月) | 編集 |

週一回の定期講座とは別に、月に2回程、体操教室を開催して、古の動きをベースにストレッチや骨の動きなどを、皆さんに教示している。

日頃から運動を心掛けている人も多く参加されているので、カラダが硬い訳ではないが、まるで石化しているようにカラダが固まって見える。

それは、ロボットのようにプログラミングされた動きで、生身の人の動きとは程遠い。決められた跡を、脳で正確にトレースしているような感じ。

でも、少し古の動きを練習していくと、生命エネルギーも高まって、カラダが現れてくるから不思議。

だから、古の武術を練習した者同士が練習すると、相手の動きがよく見えて仕方がない。そこで、動きをステルスするような術の習得に迫られる事となる。

ステルスには、技術的に行うものから、メンタルなものまで様々、最近では意識と無意識の結節点に立つような深い記憶を使う。

下の動画は、その意識と無意識の結節点に立てるような術で、空腹状態を一過的に作るもの。