古武術研究家 甲野さんの術をお手本に武術の動きを研究しています。稽古会開催中。
2019年06月05日 (水) | 編集 |

気が進まない研修会に参加するため、朝からいつもと違う駅で降りなければならないのだが、気が付いた時には素通りしていた。意識で分かっているのだが…。きっと、行きたくないから無意識がそうさせたのでしょう。


無意識は、客観的ではなく、感情を大いに引きずっている。


で、古の武術では、この不可解な無意識の動きを捉える。無意識だからといって、客観的に最短で動くことを求めているのではない。何も気にせずにただ自然に動くだけ。


下の動画は、ただ腕を上げると、初動が消えて抑えている相手を難なく崩す事が出来る。練習法は、意識で一旦腕を上げて、その後に意識する事なく腕を下げる。その下げた軌跡を反対になぞっていくと、腕が軽く上がる。

下の動画は無意識の動きで初動を消すもの。