古武術研究家 甲野さんの術をお手本に武術の動きを研究しています。稽古会開催中。
2019年05月24日 (金) | 編集 |


溜まった物を見て、トキメキを感じなければそれはもう必要ないから整理しても良いというのが、今のトレンド。


こんな風潮だと、人に対しても同じようにトキメキを感じなければ、必要ないという事。会うだけでドキドキしていたものが、そのうち触れられても何も感じないほど、人への感受性は移りやすい。


で、この何も感じなくすることが、古の武術の術理となる。つまり、合気道の型稽古のように、手を掴まれた状態から相手を崩すことは、何も感じなくする良い練習。


それでも、どうしても意識してしまうので、事前に気のような力を流しておくと、腕を握られても全く無視できる。これは、相手にも伝わるようで、不思議に腕を捉える事が出来ない。


下の動画は、相手の腕が掴めない浪の上 。内観を使って、腕に植物の導管のように力を流しておく。それでも難しい時は、植物のツルが執拗に腕に絡みついてくる内観にする。