古武術研究家 甲野さんの術をお手本に武術の動きを研究しています。稽古会開催中。
2019年05月15日 (水) | 編集 |


嗜好や好みも、そのトレンドに応じていろいろと変わるから、気に入った趣味が見つかるまでハシゴをするのも面白い。


でも、趣味の講座などには必ず古参の人がいて、結構雰囲気を作っている。往々にして、そういう人達は自分の言い分を通してくる傾向がある。もっと、目を開いて謙虚に受け止めるべきと思うが…。


で、武道関係も、掛け持ちを嫌う人が多いから、あまり他武道の話をしない傾向にある。


一方、本会の古の武術のように、ある程度の経験を持っていないと、古の術理がよく理解できない。ただの戯言のように受け取られる。頭で理解はできないので、身体が響かないと難しい。


下の動画は、中心軸を使った柔道的崩し。中心軸は、分かったようで分からない、レベルによってピンキリがハッキリ分かれる術理。今回は、背骨で呼吸する呼吸法と、背中自体は細かく割れて、支えを外したように使う。