古武術研究家 甲野さんの術をお手本に武術の動きを研究しています。稽古会開催中。
2019年05月12日 (日) | 編集 |

初めて見る風景にも関わらず、どこか懐かしい思いがしたり、初対面の人でありながら昔出会ったことのあるような感情、そんな不思議な経験をした事がある。

感情というのは、無意識とリンクしているから、湧き上がる感情を意識では解せない。懐かしい感情は、遺伝子レベルで組み込まれた記憶にアクセスしているのかも。

そして、感情によって、身体の動きが大きく変わる。例えば、怒りの感情は身体を硬直化させたり、微笑みは身体をほぐす。

で、古の武術では、意識的に感情を変える事で、身体に不思議な力が宿るようにする。想像以上に初動の消えた大きな力にするには、瞑想などで感情をコントロールする。