古武術研究家 甲野さんの術をお手本に武術の動きを研究しています。稽古会開催中。
2019年05月30日 (木) | 編集 |


最近頻発する幼い子の死亡事故。「防ぎようがない」とは、テレビの専門家の意見。


確かにそう思うが、最近の甲野さんのTwitterより、「これだけ事件事故が頻発し、不安にかられている人が数多いのを見ていると、「まあ気休めのつもりでも心得ておいては如何ですか」とアドバイスしたくなってくる。」


それは、古より伝わる三脈探知法。第六感が衰えた人たちに、身体の微妙な変調で不吉を予測する技術的手法。


やり方は、Twitterよる「三脈をとる方法は、例えば左手の親指とひとさし指で喉の横にある脈を押さえ、その押さえている左手の手首の脈を右手で押さえ、その三ヶ所の脈が同時に打っているかどうかを確かめるのである。この三ヶ所が同時に打っていればいいが、ズレていると危険を体が知らせているという事である。」


もう何年も前から、実際に試しているが、普通は三脈はズレていない。極たまにズレる時は、元に戻るまで、次の行動を回避する。確かにこれで災いを招いた事はないものの、当たっているかどうかは、よくは分からない。