古武術研究家 甲野さんの術をお手本に武術の動きを研究しています。稽古会開催中。
2019年03月15日 (金) | 編集 |

新しい年号には何が流行するのか?企業利益に繋げようと予測される人も多いでしょう。でも、思いもよらぬものが、注目されるのはよくある事。

保育所不足を訴えた一言や、難病の方の訴えなど、その重みのある言葉に、日頃は無関心な社会が動く。

大勢が困っていることよりも、少数の人の訴えが表面化するのは、多数決原理が重宝される時代でも、未だ顕在かも。

で、古武術も、10年ほど前にブームになったが、その火付け役の代表は、甲野さんと思っている。

さらに時代は遡り、江戸期では、宮本武蔵とは比較にならない程の無敗一千回で、門下生が一万人いたと言われる真里谷円四郎は、当時の剣術に一大ブームを引き起こしたでしょう。

時代は少し経ち、この無住心剣術は途絶えてしまったが、心の剣術は、江戸後期の白石亨による天心兵法で再注目を受けた。

それから数世紀経ってしまったが、心の剣術を再興するひとりの天才の出現に期待したい。