古武術研究家 甲野さんの術をお手本に武術の動きを研究しています。稽古会開催中。
2019年03月09日 (土) | 編集 |

不透明な時代、先が見えない時代、そんな現実が新しい元号を待ち受けているかもしれない。こんな時だから、極端な現実主義の方が手堅く生きられるかも。

全く才能にも恵まれず、将来の夢があった訳でもなく、味気のない仕事に就いた自分。言葉で説明できないものは、例えば魂とか気とかには興味もない現実主義者。

それが、たまたまテレビで、甲野さんのインタビューが放送されて、その意外な動きを見た時、取り憑かれてしまった。人生は、いくつかの偶然で意外な方向に向かうものと実感。

生き方に悔いが残らないのは難しいと思う。どこかで後悔するはず。一方で、武術は呼吸、丹田とか、この先に何が明らかになるのか、飛躍的に術が伸びている。