古武術研究家 甲野さんの術をお手本に武術の動きを研究しています。稽古会開催中。
2019年02月01日 (金) | 編集 |


一昨日、テレビ番組「偉人たちの健康診断」で宮本武蔵が取りあげられていた。この番組を数回見ているが、着想は面白いが、無理して説明しようとする、しかも断定的に。


多分、視聴者には分かり易く、評価は高いと思うが、専門家の意見は、武術愛好家にとっては理解し難い。今の常識を超えた力があるからこそ達人で、こんなに簡単に解明できれば、苦労はしない。


で、古の武術では、様々な発想で、少しでも偉人の動きに近付こうと情熱を燃やしている。


例えば、マインドフルネスを活用する。一瞬だが、自我を消して意識で統御されない動きを引き出す。さらに、仏教の教えの唯識で、深く自我を消す。


下の動画は唯識を使って初動の気配を消し、空気投げの効果を上げる。丹田の力も借りているが、これは甲野さんの最新術理「一つ成り」を研究する中で試したもの。前後、右左、上下の動きを同時に使う。