古武術研究家 甲野さんの術をお手本に武術の動きを研究しています。稽古会開催中。
2019年02月28日 (木) | 編集 |

会話の中で「趣味は?、好きな食べ物は?」を尋ねるのは、無難な問い。たいていは「ジム、ヨガが好き」とか、「果物が好き」とか、これも無難な解答。

でも、付き合いが長いのに、本当に好きな場合を除いて、このような当たり障りのない回答では、こちらが親交が厚いと勝手に思っていたのでしょう。

それとも、好きなものが何かよく分かっていないのかも。こんな時は、コンマリ流片付け術のように、一旦辞め、再開のトキメキを感じるかどうか試せば良い。

で、古の武術も一時のブームが去った途端、本会の練習者もかなり減った。きっと、再開のトキメキを感じなかったのでしょう。

自身は、呼吸力や呼吸法、さらに丹田など、以前なら、喉から手が出る程切望していた不思議な術理を、今普通に使っている。また、脱力し過ぎるほど軽く崩し、空気投げや呼吸投げも映画のワンシーンのように軽く相手が飛ぶ。

いずれも、毎日息を切らせながら練習したわけでは無い。ただ、好きなものは好きと、先人や諸先輩たちの知恵を大事にしただけ。音楽や絵画などの芸術家や哲学者からも、多くインスパイアされた。

下の動画は、合気呼吸投げ。相手が飛んでいくので、危なくて力量半分に制限を掛けている。