古武術研究家 甲野さんの術をお手本に武術の動きを研究しています。稽古会開催中。
2018年12月31日 (月) | 編集 |

年末に「陸王」が再放送されている。昨年放送され高視聴率を上げたヒット作で、足袋作り百年の老舗が、会社の存続を賭けてランニングシューズの開発に挑む。

これって、「Born to run」で全世界で話題となったベアフットランで、それ用の先駆けとなったシューズでしょう。大手メーカーや銀行が、足袋を小馬鹿にして一笑に伏す演出が笑える。

最近筆者も忘年会で、ランニングを趣味でやっていると豪語する人がいたので、ベアフットランを話題にしたら「知らない」と、これも一笑に付したような返事。

いろいろ調べてみると、確かにベアフットラン用のシューズは話題になったようだが、足が痛くなってやめてしまう人が多かったとか。

で、古の武術もこれとよく似ていて、ブームになった時に飛び付いた人も多かったが、「よく分からない、返って運動能力が落ちた」とかで、影を潜めた。

ベアフットランも古武術も、古の身体能力を覚醒させるものだが、覚醒に相当な違和感を感じて辞めてしまうほど、現代人の身体は西洋化してしまった。