古武術研究家 甲野さんの術を研究しています。稽古会開催中。
2018年10月31日 (水) | 編集 |

ここからは無理、もう限界とか、自分で能力の限界を決めつけているように思う。

整然と管理しようとするいつもの脳が考えているだけで、身体の事を忘れてしまっている。

で、古の武術では、使われていない身体能力を引き出すから、自分でも想像できない力が湧いてくる。

例えば、楽しい気分で行う術「楽遊」は、考えているだけでは絶対に引き出せない身体の能力。

「今までの構造理論は何だったのか」と絶句してしまう程の優れワザ。