古武術研究家 甲野さんの術を研究しています。稽古会開催中。
2017年08月17日 (木) | 編集 |
上野の子パンダがとっても可愛い。動画も撮られていて、寝返りのシーンも愛くるしい。

が、こんな明るいニュースはこれひとつ。印象操作を疑う程、暗いニュースが多い。

明るいニュースはきっとある。「世の中捨てたもんじゃない」と言わせる出来事はもっとあるはず。

術も同じで、諦めるような雰囲気の中、一発逆転を狙う術がある。

◯世の中捨てたもんじゃないと言わせる術
柔術では、捨て身技がある。身を捨てる覚悟で倒れながら、逆転を期待する。救う神を求めるような一発逆転の技。失敗すると、相手に抑え込まれる。

対象となる物や人をつかんで、自分と相手の体重を拮抗させる。ちょうど、シーソーの両端にお互いが乗っているような感じ。空気で膨らんだ大きなボールの両端に互いがへばりついているような。

これを応用すると、重いものを一気に運んだり動かすことが出来る。

武道の呼吸投げには必須のアイテムで、力要らずにフワッと人が飛ぶ。
介護術では、基本動作のひとつで、フワッと人が持ち上がるので、ひとり介護を可能にする。
農作業の鍬や鋤を使う時、根のよく張った雑草を抜く時など、多くの場面で利用可能。

テコの原理や遠心力を使っているみたいだが、チョット違う。支点や作用点の場所とかにこだわりだすと、たちまち出来なくなる。

コツは、地球で見立てれば、北極と南極のように正反対の位置関係のものが、地球の中心に向かって引かれ合いながら、丸い地球の表面に沿って何とかへばりついている感じにすること。