古武術研究家 甲野さんの術を研究しています。稽古会開催中。
2017年10月19日 (木) | 編集 |


「勝ち組」「負け組」という言葉。人の一生を例えるような感じで、あまり好きではない。

とは言え、武道やスポーツも、「勝ち組」を目指す行為であることには間違えない。

勝つ事への憧れを投影するかのように、メダルや記録の更新と実に熱狂的だ。もっと、楽しんで練習したいと思うのだが…。

甲野さんの武術も、同じように見えるが、実は勝つことにこだわっていないと思う。

高齢で、弱小でも、身体の動かし方を工夫すれば、思わぬ力が出る。そんな驚きの術を覚え、使えるようになるのが楽しい。

例えば、組んだ相手の両腕を、片腕だけで斬り落とす技。何とか崩してやろうとするのだが、相手は力一杯両手で返して歯が立たない。

お互いが負けたくないので、頑張るのだが、普通は両腕の方が力が勝る。

ここで、勝敗にこだわらず、全く関係ないことを意識する。この場合、過去に驚いた経験をちょっと再現してみると、急に視界が開けたような感覚になる。すると、相手は崩れる。

矛盾だらけの動きだが、驚きが突破口になってくれる。

昔は、「死んだ魚が急に生き返る」「触ったヤカンがめちゃくちゃ暑かった」とか、驚いた体験をいろいろ探して試した。今は、ジェットコースターで滑空する恐怖体験が一番よく効く。

が、ただ思い出すだけではダメで、いかにリアルに再現するか?現在の自分に影響を与えているのか?など、いろいろとコツがある。