古武術研究家 甲野さんの術を研究しています。稽古会も開催中。
2017年05月01日 (月) | 編集 |
忍者が使うとされる手裏剣。八方型や十字型など刃が円型で、回転させながら打つ。ボールを投げるような、石を水面上で飛ばすような、割と現代的な感覚で行えば良い。

一方、侍が使う手裏剣は、棒状の棒手裏剣。15から25センチ程の長さで、形状は6〜8角や平らなものまで様々。

ただ、ナイフや包丁と違って、刃が一方の先端しかないため、的にはちょうど先端が突き刺さなければならない。これがとても難しい。

なぜ、こんなに取り扱いの難しい形状をしているのかよくは分からないが、あくまで太刀の延長線上にある武器として考えられていたからでしょう。棒手裏剣を忍者手裏剣のように投げていては、全く刺さらない。太刀のように打ち取らなければならない。

で、地元名古屋では伊賀忍者の里に近いため、忍者手裏剣の的場がある。全国大会も行われる。が、侍の棒手裏剣は練習場がない。愛好家も皆無。

筆者は、自宅のガレージスペースで練習をしていたが、近所からとても奇異に見られるので、なかなか上達しない。

そこで考えたのが、室内で出来る手裏剣。おもちゃのダーツのようなもので、音も静かで壁も傷めない。ゲーム感覚で楽しめる。

素材は、東急ハンズで仕入れたプラスチックの丸棒。この先端にマジックテープを貼り付けて、マジックテープの的に打つ。

素材が木質系のものは、本物の手裏剣に近くなるが、的を外した時の音が大きく、また壁を痛める。その点、プラスチックの素材は速度もユックリなので安心。

投げ方は、ダーツと違って、切っ先を的に向けるのではなくて、天井を向けて、その姿勢が崩れないように打つ。切っ先に重りが付けてあるので、自然に切っ先が的に向いてくれる。

まだまだ試作段階だが、もう少し続ければ、マニュアルと作り方をセットで、ネットから配布出来ると思います。



動画の中でも言っているが、このプラスチック製の手裏剣は、力を入れずに縦向きに放てば、先端の重しの作用で、自然に先端が的に向かう。力が不足する場合には、ロックを掛けたり、謙譲や石火と言った術を駆使すれば良い。
初めたばかりなので的が近過ぎるが、飛距離を伸ばすには切っ先を長めに指から出したり、左半身を若干固めて右半身は伸び伸びと打つなど、工夫次第で的から離れて打ち込めるでしょう。
よくスナップを効かせて投げる人がいるが、そういうスポーツ的な動きは一旦忘れて、様々な術を組み合わせて手裏剣にパワーを載せるような工夫が望ましい。

術の出来不出来が如実に現れる手裏剣術の醍醐味に、虜になる人も多いと思う。










2017年04月30日 (日) | 編集 |

達人でなくても、誰でも使えるテクニック。これを古武術と言えるか疑問ではあるが、武術から発想した動きなので間違えではない。

甲野さんがテレビに出ると必ず実演される?「虎ヒシギ」。指の形で足を強化させるこの動きは、階段を登る際には便利。

親指をやや折り込んで、人差し指を突き出して拮抗させる。ただ、これだけ。でも、実際に階段の前でこんな指の形をするのは恥ずかしい。

で、考案されたのが、肩を張る感じにする。ちょうど、「虎ヒシギ」を手の内で作っているときの肩の状態を再現する。これで、同等の力が脚にみなぎる。

さらに、階段を楽に登るには、肩甲骨から羽が生えているような感じで肩を動かすと、足に浮きがかかって、軽やかに登れる。



2017年04月29日 (土) | 編集 |

すべての動物は、呼吸しながら生きている。呼吸は意識しなくても行われる、生命のリズムが刻まれているかのよう。

このリズムは、自然なリズムとなって、すべての力の源になる。生命力に溢れれば、躍動感がある。

この躍動感を力として感じてみる。

リズムの振幅が山から谷になる瞬間に力が溢れるように感じる。具体的には、吸う呼吸から吐く呼吸に移ろうとする宙ぶらりんの時だ。

この力を、巧みな身体奏法で、パワーとして放出する。パワーとは呼べないほどの僅かな力だが、術によって、呼吸力と化する。

なお、呼吸と言う言葉が一人歩きして、殊更に息を吐いたり吸ったり、丹田に力を込めるとか、疑問に感じる。 身体を石器化させているように思う。

確かに硬い身体は力に対して、抵抗力があるかもしれないが、ただそれだけの効用にしか思えない。

僅かな呼吸の力を、甲野さんの術「謙譲の美徳」「石火崩し」を使って力をパワーアップする。

柔軟かつ用途の広い力として活かせる。



2017年04月28日 (金) | 編集 |

いろいろな可能性を想定しながら、よく熟慮して行動すれば、ミスが起きないと考えている。

武術に関しては、普段の練習でいろいろな動きを想定、訓練する事で、いざと言う時に対応が取れると考えられている。

でも、こういう練習では、直感的な動き、言わば火事場の馬鹿力は養われない。

火事場の馬鹿力が本当に助けてくれるのかどうかの保証は無いが、頼りになる存在ではあろう。

では、どうしたら直感を磨く事が出来るのか?つまり、無意識の世界であるゾーンに入る事が出来るのか?まだまだ解明されていない、未開拓な分野なのだが、少なくとも意識を働かせないことが、必要条件の一つと考えられている。

例えば、普段の練習では、相手が向かってきたその方向に自然に身体が向き変わる「風見鶏の原理」を習得すべきでしょう。

身体の構造上、向きが変わるように腕の位置を整えれば良い。この練習が進むと、身体の構造とは関係なく相手に向かうことが出来る。

これは甲野さんの術で、合気のような?セドリック効果を練習すれば、自ずと入口が見えてくる。

最近では、狙撃されて死んでしまう、そんなシーンの再現でゾーンに入ろうと試みられている。





2017年04月27日 (木) | 編集 |

腕だけ動かしてはダメ、体幹を中心に動かさないと。足だけ素早く動かしてもダメ、上体も同時に動かないと躱せない。

こんな課題を解決するために、身体全体を動かしてきたが、最近、この考え方が変わった。身体全体と言ってはいるが、実は、使われていない所が、多くあったのだ。

それは、人である以上、二足歩行を維持するため、ただそれだけに、身体の多くの部分が使われていたのだ。それは無意識に使ってしまっていたようで、甲野さんが気付かれた。

筆者は、四足動物の動きを連想して、腕の先までキチンと使うように動きを変えた。

こうすると、大きな力が出るのは勿論だが、抜刀術では太刀の角度や持ち方まで、自然な形に変わる。

従前の動きがかなり一変されたのだが、ここで、鳥が翼を広げて飛び立つような大きな浮きが掛かるような、新たな発想に続く。

人の二足の動きに、四足動物の力強いすばしっこさを、さらに鳥の浮きを取り入れることとなった。ただし、外観上は全くわかりません。内観上の動きですから。